車が運転出来てどこでも行けるって…

私は最初に就職した場所が
車通勤で
それからも
車がないと生活に不便っていうのは
ちょっとオーバーだけど
家族全員運転免許持っていて
一人一台の家で育ってきたせいで
出かけるときは
自転車でなくて
もちろん車っていう感覚。

ところが
結婚して引越してきた
中途半端な都会は
どこに行くにも自転車という
考えの街。
マナー最悪だけど
自転車天下なのです。

でも
そこは染まってしまいたくないっていう
私。
雨の日の幼稚園の送迎なんて
車でいかないで、何で行くの?

でも、この街の人
車を持っている人も少なく
運転できる人も少ない。

こないだ
ママ友さんと近所の
遊具施設に遊びに行ったとき
私が車出したんだけど
あ、雨だったからね。
帰りの車の中で
「やっぱり車楽だね。
遊んで疲れてるのに
帰りにまた自転車こいで家までって
しんどいなーって思ってたの」

そうそう、その通り。
もう若くないので
楽できるところはどんどん楽しましょ。
そして自分がやりたいことに
全力を尽くせるよう体力の配分を考えましょうね。

子どもを預けれる環境

私は義父母が
すぐそばに住んでいるので
もし何かあれば
いつでも息子を預けることが出来る環境。

人によっては
週末
自分の両親のところに
子どもを預けて
夫婦悠々自適な生活
送っている人もいる。

ところが
夫婦どちらの両親も
近くにいなくて
買い物一つにしても
自分が病院いく一つにしても
子どもを伴って行動しなければ
ならない人も結構いる。

この問題の温度差はかなりある。
旦那に預けるといっても
それもできない人もいる。

私なんか
旦那は家事もひととおりできるので
(しないと私がおこるので)
一日、もしくは一泊二日(したことないけどまだ)
ほおっていても
ちゃんと息子と家のを任せられる。

だから、あまり
子ども預けて遊びに行った話は
しない方がいいのかなあ…なんて。

いいように思わない人も
いるだろうし。

こないだ
SNSで母の日に
息子にもらったカーネーションのアレンジ
の写真をアップしたら
フォローワーさんの一人が
エアリプで
「母の日を良く思わない人もいるんだよ」
とな。
まあそこまで気をつかって
SNSはできないから
気にすることはないんだけど。
人の考え方ってそれぞれだし
あまり不快に思わせることをあえて
いう必要もないしね。

ま、気を付けましょう。

変な葛藤

毎日洗濯していて
家族の洗濯物を畳むとき
傷み具合をチェックしては
「こ、これはもうだめかな」
「まだ着れるかな」
息子のにいたっては
「ちょっと小さくなってきたかなあ」
「今、サイズいくつ着てたかな」など
確認するのですね。

旦那様のは一番どうでもいいのですが
さすがに
「いつも同じパンツばかり
洗濯されてるなあ」とか
「靴下結構くたびれて…あ、かかと薄くなってる」
という発見があると
とっても悲しくなるのです。
早く見つけてあげないと。
こういうところ、見る人は見ているからです。
そう、私がそういうのをすごく
見る人だからです!

なのであわてて旦那と一緒に
買い物に行けるときに行って
好きなもの買わせるんだけど
そこでも
一番安いものを買わせてしまう私…
そこはどうでもいいのか?
そこそこのいいものに
しておいた方がいいのでは?
と思うのだけど
自分の出ないと思うと
どうしてもそこはケチってしまう。
でも…なあ、
いや、下着を見るのは私だけ(なはず)だから
そんないいものでなくていい!
靴下だけはこまめに
新しいものを好感してあげねば。
というわけで
旦那はお決まりの
2枚800円のトランクスを
買わされるのでありました。

まあ、私もユニクロだしね。いいとしましょ。

ひやひやした

息子を朝、幼稚園に送っていく。
後ろの子乗せに息子を乗せる。
もう18キロ越えてるので
最近では抱っこして乗せるのが
怖い、いや、つらい、そして痛い…
かなり気合いれて
抱っこしないと
変な持ち方したら
ぎっくり腰になりそうな重さだものね。

いつものように
家のガレージを出て
ほんの少し進んだところ
ちょっとだけ開けた道に出ようとしたら
軽トラがバックしてきたので
そのままじっとまっていたら
速度落とすことなく
どんどんバックしてくるではありませんか!

これは!ひかれる!!

必死の思いで逃げようとするのだけど
細い路地
18キロ越えの息子を乗せていては
撮り回しがまったく効かない。
まして、自転車って
バックするのって
ものすごく難しい。
息子を乗せてると特にしにくいのです。
自転車と車がもうちょっとでぶつかる
というところで車が止まり
運転手が下りてきて
「すみません」って謝ってきた。
かなり怖かった。

車の後ろは危ないっていうけど
本当ね。
肝を冷やした事件でした。

あいさつしないってことは

今朝、息子を自転車で
幼稚園に送って行った話。

同じクラスだった
セレブママとばったり遭遇。
高級車(国産だったけど)

年長の姉と
息子と同じ年の年中の息子をつれて
ツイードのスーツに
ヒール履いて
お見送り。
まあわが園では
さほど珍しいスタイルではないのですけど。

何度か挨拶したけど
全く向こうから挨拶返しがなくて
でも、まあ私がいつも
メガネかけたり
帽子かぶってたり
してるからかなあ…と
いい方に考えてたけど
今日ではっきりわかった

「あ、嫌われてる…な」

かなりの距離で
顔みて
おはようございますって挨拶したのに
門番の先生の方しか見てなかった。
あーあ。
噂通りの人だったなあと。

いい噂聞かない人だったけど
私、自分なんもされてないし
あまり噂に振り回されても、ねと
思っていたのに。
噂通りの
いけてない人だってことが
よく分かりました。
早くわかってよかった。
クラス離れてよかった。
きっと今年も役員するだろうな。
絶対に役員しないからね。
クラス違っても役員になったら顔合わす
こともあるだろうし、
そんなん、絶対ご勘弁願いたい。
さ、録画したドラマでもみるか…

おそるべしスケヲタ

アイスショーは
どんなに安くても
7000円から8000円ほどはします。
アリーナ席
氷上席だと
20000円はくだらない。
正直、お金に余裕のある方が
応援、観戦するスポーツだと。
歌舞伎やオペラレベル(笑)
そして
他のスポーツ観戦と
最大の違いは
どの選手が出演するか
直前までわからないということ。
現役選手に至っては
体調やスケジュール調整がうまく
いかないときには
あっさり出演キャンセルになることも。

お目当ての選手が
出るかどうかわからないうちから
チケット争奪戦が始まるのです。
その前に、
ショーの日程が決まった瞬間から
その近辺のホテルの確保の
熾烈な競争も始まるのです。

わたしは去年
そのホテル確保の競争に負けて
結局日帰りしましたもの。

ちなみに、5月の
アイスショー、
私のお目当ての羽生君は
出演未定ですけれど
もう近隣のホテルは全然取れないそう…
すなわち、ですよ
行く方は日帰りではなくて
全公演いくとか
二日間いくとかそういう人が多いという事。

いったいどれほどの
お金を落とすのよ…
ああ、お金いくらあっても足りないわ。

この騒動の中で

何かと話題になっているてんぐ熱ですが影響ででいるのです。
特に代々木公園が一部を除いて閉鎖をされたそうです。

ここでイベントをする予定でしたが中止になった所もあるのです。
また、神社にも影響している所もあるのです。

今、ある関係者がやきもきをしている人がいます。

それはプロ野球関係者なのです。
特に終盤戦になって大事な試合が続いているのです。

大学野球の開催の影響でヤクルトの選手が試合前の練習が球場内でやれないので室内や公園内でしているそうです。
この事態になった事でファンには心配していると思われています。

相手の巨人も優勝争いの真っ最中でこの影響で集中出来ないと思われています。
これでも影響はないと思われています。

しかし、秋に修学旅行を予定している所は大変だと思われています。
この影響なのか新宿御苑も閉鎖をしたそうです。

そして、夏が終わろうとしている時に虫除けスプレーが売れているそうです。
出かける前にスプレーをかけるだけでよける事が出来るそうです。

てんぐ熱がわかる前は売れてはなかったのですが、わかってから売れているそうです。
どこの店に行っても売れて品薄になっているそうです。

あってもメーカーには関係なく購入した方がいいと思われています。
そうしないと店にはないので必死になる事があるのです。

今は製造が急ピッチで進んでいるそうです。

今後は研究が進むと思われています。

蚊はいろいろあると思われてたいますがこう言った蚊はいるのです。
なぜ、そうなったのかは未だ謎のままなのです。

しかし、涼しくなると減ると思われていますがまだ用心をしなければならないのです。
公園も確認をしない限り閉鎖解除はないと思われています。

蚊を刺されただけで気になる人もいますが体調には気つけて方がいいのです。
今後はどうなるのか心配はしていると思われています。

そういえば、実は今日、整形以外で鼻を高くすることができるという
ノーズシークレットという商品を買ってみました。

どんなものかというと、鼻の中に入れる物なんですが、3000円くらいで買える物なので
鼻にコンプレックスがあった私は思わず飛びついてしまったのです。

両方の鼻に装着するのに合計10秒程度だったので
写真を撮るときなどにはすごく重宝しそうです。

長時間使用するには向かないみたいなので
ここぞと言う時にはノーズシークレットはアリかなと思います。

鼻にコンプレックスがある方は見てみてください。
なかなか面白い商品でしたよ^^

ノーズシークレット通販【正規品以外の購入は危険】

英語力ってやっぱりなかなかつかないわ

羽生君はカナダへ拠点を移して
もう3年目。

英語のインタビュー
質問の意味はものすごくわかっているけれど
いざ話すとなると…
うーん、3年も海外で生活している割には
いまいちなスキルレベル。

おそらく
リンクと家の往復だけで
日常生活の会話がほとんどない
リンク内での
慣れた人たちとの
会話しかないからなのかな?

ってえらそうに言ってる私だってさあ
中学1年から初めて
高校3年間
大学4年間
それで
全くしゃべれないよ。

日常会話なんてとんでもない。
ヒアリングも全然できないよ。
羽生君が理解できてる
質問も全然わからなかったし。

日本の英語教育がいかに
間違っていたかってことの証明だわよ。
もっと生きた英語
使える英語を勉強するように
しなければ。

息子は幼稚園で
ネイティブの先生と英語レッスン
月3回してるけれど
あれはとても刺激になって
いいだろうなあ。
まあ、英語やってるってあまり
理解してない
ただのお遊戯の時間って思ってるだろうけれど(笑)

うん、やっぱり
聞き取りだけでも
羽生君に追いつけ追い越せだわ!

女の子はやっぱり育てるの楽。

幼稚園男児を抱える母は
まず、毎日怒鳴る。
怒らない母はいないと思う。

危険予知という言葉。
この上にのってこういう行動したら
ケガをする可能性が高い
そういう行動を一日に何回するだろうか?
これはどう考えても
汚いっていう行動を
一日に何回するだろうか?

こういうの、性別問わずあるのは
3歳くらいまで。
女の子は幼稚園へ行くくらいになると
今話したような注意をしなくてもいいのです。
それが標準。
そういうの、幼稚園にいって気づかされるのですよ。

男の子は単純でかわいい。
ほんとそうなの。
だから、怒鳴ることも仕方ないとは思うけれど
危険予知して注意したり
怒鳴ったりする労力は計り知れません。
これがないなら
もっと心に余裕もって
子どもと接することができそうだ。

とにかく常に
変なこと、危ないこと、きたないこと
しないか、気を張っているこのストレス。
当たり前なのかもしれないけれど
やっぱり負担。
世の中の皆様
キーキー起こる母の気持ちも察してあげてください。

料理する気になれない

愚痴ります!
ええ、愚痴ってわかってて言うわ。

最近、ほんとーに、料理する気ないの。

息子も旦那も何でも食べてくれたらいいのだけれど
本当にわがまま極まりないの。

元々、だんなは
魚介類が嫌い。
「嫌いだから作らないんだよ」そういうと
「そうでもないよ」というけれど
明らかにおいしそうに食べたことはないし
「おいしいね」といったの聞いたことない。

息子は食べれる野菜が限られている。
トマト、ブロッコリは食べてくれるけれど
それ以外は食べてくれない。生野菜サラダなんて
絶対に口にしてくれない。

なので、野菜補給は
みそ汁に、これでもか?の具材をいれたものになるのです。
もうみそ汁、汁でなく、おかずよね。

それでも「がんばろうね」と」ずっとついていないと
完食してくれない。
冷凍のハンバーグなら
喜んで食べるのだけれど。

もうイヤっ!

毎日同じものばかり食べてれば?っていう風に
なってしまうよ。
だって、出した側としては
やっぱりおいしく食べてほしいもの。
美味しくない
とか
嫌い
とか言われて、
お菓子とかで満腹感を求められたりしたら
もう…

はー、毎日このことが本当に憂鬱です。