おそるべしスケヲタ

アイスショーは
どんなに安くても
7000円から8000円ほどはします。
アリーナ席
氷上席だと
20000円はくだらない。
正直、お金に余裕のある方が
応援、観戦するスポーツだと。
歌舞伎やオペラレベル(笑)
そして
他のスポーツ観戦と
最大の違いは
どの選手が出演するか
直前までわからないということ。
現役選手に至っては
体調やスケジュール調整がうまく
いかないときには
あっさり出演キャンセルになることも。

お目当ての選手が
出るかどうかわからないうちから
チケット争奪戦が始まるのです。
その前に、
ショーの日程が決まった瞬間から
その近辺のホテルの確保の
熾烈な競争も始まるのです。

わたしは去年
そのホテル確保の競争に負けて
結局日帰りしましたもの。

ちなみに、5月の
アイスショー、
私のお目当ての羽生君は
出演未定ですけれど
もう近隣のホテルは全然取れないそう…
すなわち、ですよ
行く方は日帰りではなくて
全公演いくとか
二日間いくとかそういう人が多いという事。

いったいどれほどの
お金を落とすのよ…
ああ、お金いくらあっても足りないわ。

この騒動の中で

何かと話題になっているてんぐ熱ですが影響ででいるのです。
特に代々木公園が一部を除いて閉鎖をされたそうです。

ここでイベントをする予定でしたが中止になった所もあるのです。
また、神社にも影響している所もあるのです。

今、ある関係者がやきもきをしている人がいます。

それはプロ野球関係者なのです。
特に終盤戦になって大事な試合が続いているのです。

大学野球の開催の影響でヤクルトの選手が試合前の練習が球場内でやれないので室内や公園内でしているそうです。
この事態になった事でファンには心配していると思われています。

相手の巨人も優勝争いの真っ最中でこの影響で集中出来ないと思われています。
これでも影響はないと思われています。

しかし、秋に修学旅行を予定している所は大変だと思われています。
この影響なのか新宿御苑も閉鎖をしたそうです。

そして、夏が終わろうとしている時に虫除けスプレーが売れているそうです。
出かける前にスプレーをかけるだけでよける事が出来るそうです。

てんぐ熱がわかる前は売れてはなかったのですが、わかってから売れているそうです。
どこの店に行っても売れて品薄になっているそうです。

あってもメーカーには関係なく購入した方がいいと思われています。
そうしないと店にはないので必死になる事があるのです。

今は製造が急ピッチで進んでいるそうです。

今後は研究が進むと思われています。

蚊はいろいろあると思われてたいますがこう言った蚊はいるのです。
なぜ、そうなったのかは未だ謎のままなのです。

しかし、涼しくなると減ると思われていますがまだ用心をしなければならないのです。
公園も確認をしない限り閉鎖解除はないと思われています。

蚊を刺されただけで気になる人もいますが体調には気つけて方がいいのです。
今後はどうなるのか心配はしていると思われています。

そういえば、実は今日、整形以外で鼻を高くすることができるという
ノーズシークレットという商品を買ってみました。

どんなものかというと、鼻の中に入れる物なんですが、3000円くらいで買える物なので
鼻にコンプレックスがあった私は思わず飛びついてしまったのです。

両方の鼻に装着するのに合計10秒程度だったので
写真を撮るときなどにはすごく重宝しそうです。

長時間使用するには向かないみたいなので
ここぞと言う時にはノーズシークレットはアリかなと思います。

鼻にコンプレックスがある方は見てみてください。
なかなか面白い商品でしたよ^^

ノーズシークレット通販【正規品以外の購入は危険】

英語力ってやっぱりなかなかつかないわ

羽生君はカナダへ拠点を移して
もう3年目。

英語のインタビュー
質問の意味はものすごくわかっているけれど
いざ話すとなると…
うーん、3年も海外で生活している割には
いまいちなスキルレベル。

おそらく
リンクと家の往復だけで
日常生活の会話がほとんどない
リンク内での
慣れた人たちとの
会話しかないからなのかな?

ってえらそうに言ってる私だってさあ
中学1年から初めて
高校3年間
大学4年間
それで
全くしゃべれないよ。

日常会話なんてとんでもない。
ヒアリングも全然できないよ。
羽生君が理解できてる
質問も全然わからなかったし。

日本の英語教育がいかに
間違っていたかってことの証明だわよ。
もっと生きた英語
使える英語を勉強するように
しなければ。

息子は幼稚園で
ネイティブの先生と英語レッスン
月3回してるけれど
あれはとても刺激になって
いいだろうなあ。
まあ、英語やってるってあまり
理解してない
ただのお遊戯の時間って思ってるだろうけれど(笑)

うん、やっぱり
聞き取りだけでも
羽生君に追いつけ追い越せだわ!

女の子はやっぱり育てるの楽。

幼稚園男児を抱える母は
まず、毎日怒鳴る。
怒らない母はいないと思う。

危険予知という言葉。
この上にのってこういう行動したら
ケガをする可能性が高い
そういう行動を一日に何回するだろうか?
これはどう考えても
汚いっていう行動を
一日に何回するだろうか?

こういうの、性別問わずあるのは
3歳くらいまで。
女の子は幼稚園へ行くくらいになると
今話したような注意をしなくてもいいのです。
それが標準。
そういうの、幼稚園にいって気づかされるのですよ。

男の子は単純でかわいい。
ほんとそうなの。
だから、怒鳴ることも仕方ないとは思うけれど
危険予知して注意したり
怒鳴ったりする労力は計り知れません。
これがないなら
もっと心に余裕もって
子どもと接することができそうだ。

とにかく常に
変なこと、危ないこと、きたないこと
しないか、気を張っているこのストレス。
当たり前なのかもしれないけれど
やっぱり負担。
世の中の皆様
キーキー起こる母の気持ちも察してあげてください。

料理する気になれない

愚痴ります!
ええ、愚痴ってわかってて言うわ。

最近、ほんとーに、料理する気ないの。

息子も旦那も何でも食べてくれたらいいのだけれど
本当にわがまま極まりないの。

元々、だんなは
魚介類が嫌い。
「嫌いだから作らないんだよ」そういうと
「そうでもないよ」というけれど
明らかにおいしそうに食べたことはないし
「おいしいね」といったの聞いたことない。

息子は食べれる野菜が限られている。
トマト、ブロッコリは食べてくれるけれど
それ以外は食べてくれない。生野菜サラダなんて
絶対に口にしてくれない。

なので、野菜補給は
みそ汁に、これでもか?の具材をいれたものになるのです。
もうみそ汁、汁でなく、おかずよね。

それでも「がんばろうね」と」ずっとついていないと
完食してくれない。
冷凍のハンバーグなら
喜んで食べるのだけれど。

もうイヤっ!

毎日同じものばかり食べてれば?っていう風に
なってしまうよ。
だって、出した側としては
やっぱりおいしく食べてほしいもの。
美味しくない
とか
嫌い
とか言われて、
お菓子とかで満腹感を求められたりしたら
もう…

はー、毎日このことが本当に憂鬱です。

脱毛行ってきた

今日はワキ脱毛の為に
サロンへ。
子どもが幼稚園に行ってる間にいくので
たいてい朝いちばんの回に予約して
行くのです。
だから、私がその日の一番目のお客さんってことが
多いのです。

さて、前回も脱毛中に
「こんなキャンペーンしてるんですけどどうですか?」と
勧誘されて
といっても、私の通っている
サロンはさほどきつくないので
「旦那さんに相談しないと…」という
超定番な言い訳で交わせるのですが
さて、今日はどんな勧誘してくる?

着替え終わり構えていたのですが
「お友達増えましたか?」
あ、そっちかあ…

今回は私への施術への勧誘ではなくて
お友達紹介キャンペーン期間と見た。

「もし5人紹介していただければ
施術コース3回サービスになるんですよ」
なんと魅力的な!
「手の指の毛がちょっと気になりますね」
一番気にしていることを…

「ご紹介していただけたら
ここもきれいになりますよ」

痛いところをついてくるわ。
実際、興味ある人は多いと思う。
まあ、ダメもとで数人声かけてみるかな。
夏前にきれいにしておきたいって思う
ママさんもいるかもしれないし。

でも5人はさすがに無理だったので
3人ってことにして
紹介チケットをもらって帰ってきました。
さて、何人食いついてくるかなあ。

ふれあいタイムにて冷静にいれるでしょうか?

この時期になると、夏くらいまでのアイスショーの
チケットの先行販売が始まります。

スケヲタにとって何が心配買って
自分のお目当ての選手がインしてからチケット
さがしても、いい席はもうないのです。

去年、どの選手がどのアイスショーにインしていたかを
リサーチし、日程も去年のカレンダーと
にらめっこして
チケットを確保するのです。

で、その中で
「プリンスアイスワールド」という
アイスショーは
一番前の席に座った方は
スケーターとのトークやらお写真撮影タイムが
あるという
夢のような時間が堪能できるのです。

去年は、八戸公演に羽生君や町田君がきていて
ふれあいタイムレポートが
SNSにあがってきて
うらやましすぎてきーーーっとなっていた
ことを思い出しました。

けれど
羽生君はケガで世界選手権も
出れるかどうかという調子。
一方引退をした町田君は
早くからイン決定だったり。
引退する方が予定決めやすいよね。

こんな、「誰が出るか分からない」ショーに
予測をたてて
しかも諭吉1枚では足らないくらいの
高価なチケットを早々から購入する
この、思い切りが大事なのです。
なくてはスケヲタはやってられません。
何が一番大事って
お金があることが一番大事…
ああ、一番ないわ。
頭が痛いです。

バスクリン広告というだけで…

先日
羽生君がバスクリンの広告に起用された!
というニュースが飛び込んできて
もうSNSはえらい騒ぎになっていました。

バスクリンというば
当然、お風呂にいれるあれなので
お風呂にはいっているCMが
流れるのか?とか
ファンの妄想が止まらず
変なコラ画像まで流れる始末。

そして

みんなの期待を大きく裏切るかのような
その後の一面の新聞広告。
お写真は
パリの散歩道の衣装をきた羽生君だったという…

ファンのがっかり感と落胆…

おっと、いったい何を期待していたんだ?
とツッコミいれたくなりました。

彼は影のCM王と言われてるんですよ。
契約金1本8000万円は
くだらないのでは?と言われているのです。
イメージがいいので
どんなCMでも使いやすいからでしょうね。

ファンとしてはあまり
競技以外で忙しくしてもらうのは
うれしくないけれど
こうやって
新しいCMがあるのかという話があると
ものすごく期待してしまう。
ちょっと矛盾してるんですがね。

さて、バスクリンさんも
あまりにも反響に
今後どうするか期待。
本当に入浴ゆづが来るか?
いや、いや、やめましょう…

一つ750円のりんご

こないだ
年始に亡くなった祖母の
四十九日の法要がありました。

お供え物が
テーブルにあふれんばかりの量。
変にこういうことに関しては
お金に糸目つけない義父母。
お持ち帰りに困るくらいの
おさがりを
こられた親戚の方々が
紙袋にいれて持って帰られました。

2階にすむ我が家の分も
なぜか用意してくれていて
それはそれでありがたかったんだけど。
甘いものばかりで
食べきれるか不安。

家も片付いてしばらくしたら
義母が
「ちょっと話が…」
う、私、何か粗相があった?と
びくびくして下に降りたら
「あのお供え物のおさがりに入ってる
りんご、あれね、一つ750円もしたのよ。
で、どんな味か一度食べてみたいので
食べるときには声かけてほしいの」

まあ、まあ、なんと奮発したのよ。
りんごは6つあったよ。
リンゴだけでいくらかかってるんだよ。
というわけで
さっそくむいて一緒に食べました。
まあ、さくっさくで口の中に
リンゴの甘酸っぱい香りが広がって
本当においしかったです。
が、
750円も出しては絶対に食べないですね。
思いがけない贅沢でしたね。

タイミングというものはいつもずれるものなのか?

家にお菓子がなくなってきて
お茶の時間に食べるものがなくなってきたとき
専業主婦にとって
これほど悲しいことはない。

なので、何かアテを求めて
家じゅうをさがすのだが
本当にこういうときは
何にもなくて
仕方なく、おせんべいをかじってみるのだが
やっぱりコーヒーや紅茶にはあわないのです。

で、仕方なくクッキーでも焼いてみようか
と思い、クッキーを焼いて
さあ、これでアテの心配なくなったなあと
安心していたら
翌日に、遊びに来てくれたお友達から
大量の焼き菓子、しかもデパート系の
美味しいのをたくさんいただいたり…

う、タイミング悪いって思うことあるよね。

外に出ると雨が降るっていうのは
定番中の定番。
息子を幼稚園へ送り出して
帰宅する途中だけ土砂降り。
家に着いたら空が明るくなるってことは
いつものこと。
なんで?って思うけど
私にとってはいつものこと。
でも、それでもどこか悔しくて
傘を常備するなんてしたくないの
変な意地があって…

最近では、タイミングいいことって
実はあるんだってことを
実感して
タイミングが悪かった時の
慰めとして
心の中に貯金しておこうって思ってる。
人間、いいことはすぐに忘れる。
悪いことの方が覚えてる。
と思うんですけどね…